美術館のご案内



旧知のイラストレーター梅津さんから残暑見舞いのはがきをいただきました。
「この夏、自然の近くにうつりました。空気はこんなにも甘いものだったかと日々実感しながら暮らしています」
住所は、北海道上川郡愛別町となっていました。下の水彩画はそのはがきのものです。
そのお便りをいただいて「愛別町スケッチ」がスタートしたのは2002年の夏。
その後も東京にいるときと変わらずに雑誌の挿絵や広告のイラストレーションを描くかたわら、
地域に密着したイベントや個展を開催し精力的に活動してきました。
愛別町での折々の出来事を水彩画とエッセイで報告しています。


-------------------------------------------------------

 



デザイナーのMASAさんは5年前、突然版画のカルチャーセンターに通い出し、
めきめきと腕を上げあちこちのコンテストで賞を取るまでになりました。
いずれは「銀座で個展開催が夢

その版画作品には仕事という制約を離れて絵を書く楽しみにあふれています。
連載をお願いしたら、箱のなかにうごめく人間を描いていきたいとのこと。
毎月10日頃更新。

 

Produced by PELICAN.INC.