これが本戦だったらなー・・・・
試合では鹿島の本山が光っていた
本山君、2006年はキミの出番だ!
 

Vol.5[某月某日 運動会]

「 枠外したな」と思ったシュートが、ぴゅーんと急角度で曲がって入った。

あの切れ味は日本の中村俊輔の比ではないわな・・・

Wカップ本戦のチケット入手かなわず、某スポーツ紙の定期購読と引き替えに、伊代表VS鹿島の親善試合を観戦した時のこと。

ハーフタイムにデルピエーロがシュート練習をしていて目撃した。

練習試合に5万超の観客というのも驚きだが、あのシュートを見ただけでも元は取れたと思う人は多いはず。

本戦を見たい気持ちはもちろんだけれど、バティストゥータのシュート練習をゴール裏に張り付いて、飽かずに眺めるというのも魅力的なWカップ体験といえるだろう。

今、全国に散らばって世界のワザ師が練習試合を繰りひろげているけれど、日本のサッカー大好き青少年(?)に与えるインパクトは相当なものだろう。

え、子供の運動会の話だっけ!?

Wカップ直前だもんで頭の中はどうしてもそっちに振れてしまう。

そういえば、あのコンクリートで固めた校庭は何とかならないのかね。

「Jリーグ百年構想」というサッカー協会の長期的な理念の中に、「芝生のグラウンドを整備する」という項目があったけど、百年と言わず3年で何とかしてよ!




Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
text & photo/PELICAN