そばの花

 

 

記憶は五感にしみていく
春、雪解け水をふくんだ山の匂い
さちこさんのおうちの敷地で摘ませていただいたやわらかなクレソン
手伝ってくれたさちこさんとお母さんの穏やかな声、昔の話
夕食はオサラッペ牧場
(http://www.geocities.co.jp/farmosarappe/)
の短角牛のハンバーグ
じゅうじゅう焼ける音、しみでる肉汁、甘い肉
奥歯で噛むとぴりっとクレソンの辛さが口のなかに広がる
摘みたてのよもぎをいれたつきたてのおもちを
母が炊いたあんこをいれて手のひらで丸める
新蕗の煮物、たらの芽やうど、にんじんぱの天ぷら
夏、ちいさなめいやおいと外遊び
足を止めて白樺のはっぱの音を聴く
うっかりからだにつけてしまった
クモの巣のなんともいえない「いやん」な感じ
アスファルトの上からみみずを救出、
指先に残る「うにょっ」とした感触、泥の匂い
スニーカーのさきっぽで水たまりのなかの空をゆらす
山へ帰るカラスたちと声の応酬 
「かぁ〜っていって〜」「か〜」
おんこ(いちい)の実、きいちご、ミニトマトのつまみ食い
天気雨 8月13日蓬莱山にかかる虹 
9月1日金富のたんぼから伸びる虹
こんなにも記憶は五感にしみているのか
自転車で走り回っていた頃
伏古辺り、愛別川で男の子たちが手づかみした川魚2匹、
やまめだったかうぐいだったのか
火をおこして、よーいちくんがおばあちゃんちからもらってきた
塩をふりかけて焼いて食べた
清流に反射する陽の光 水しぶき 笑い声
冷たいプールの水 かすかな塩素の匂い 
泳げるようになることへあこがれ
プールサイドのコンクリートに冷えたからだを
ぴったりくっつけて暖めた
縁台を出しての夕涼み 花火 火薬の匂い 蚊取り線香
暗い廊下に灯るかごの中の蛍
すっかり忘れていたしあわせな記憶ばかりがよみがえる
愛別町の短い夏が静かに平和に過ぎていく、、、と、
しんみりとしてはいていられない!



愛別町の9月のイベント

◎9月10日(日)きのこの里フェスティバル
きのこと牛肉(愛別町 鉢呂牧場産)の食べ放題
どでかい鍋でつくるきのこ汁 
どでかい釜で100升一気に炊く愛別町産のごはん
新鮮なきのこや野菜、加工品の販売など

◎9月17日(日)18日(月・祝) 
韓国映画「まぶしい一日」
(http://www.seochon.net/mabusii/)上映会
北海道での上映は愛別町のみです
シネマコリア2006愛別会場について http://www.seochon.net/cinemakorea/cinemakorea2006ai.htm

◎9月17日(日)24日(日)あいべつリバーフロントパーク産直バザール
新鮮なきのこや野菜、加工品の販売など
愛別町のホームページが新しくなりました。
http://www.town.aibetsu.hokkaido.jp/index.jsp
きのこの里フェスティバルと産直バザール について
詳しくは「イベント情報」または
「お問い合わせ」からお願いいたします

----------------------------------------




------------------------------------------------------
愛別川



 
 

 

2002〜2003 2004 Vol.9 10 11 11-2  2005 Vol.12 Vol.13 Vol.14

2006 Vol.15  Vol.16 2007 Vol.17

展覧会:「こころにふるふる」 「style2」


このページの著作権は全て梅津真由美氏に属します。